独学で宅建合格!人生大逆転!!

独勉どっとこむへようこそ。

人生大逆転

いざ、旅立ちの時。

「一発逆転」するには武器ががいる。社会人になって、その武器のひとつは資格であると気づく。世間で知名度があって、合格すれば一定以上のニーズが見込める資格。取得にかけたコスト以上にリターンがあり、資格を取るために得た知識が実際の業務に直結する無駄のない資格。格差激しい今の時代、じぶんで考え行動していかなければ回ってくる案件はカスばかり。仕事をこなしながら、貴重な自由時間を費やし、見事合格したならば、これから先の人生は大なり小なり輝いたものに変化していくことでしょう。

資格があなたの人生の糧とならんことを。

資格取得の意義

資格には、試験合格者に対してその力量にお墨付きを与える(ステータス)機能と、実際に資格を目指して学習する中で必要な業務知識を身につけさせる(学習)機能とがある。資格は目指しただけでは意味がない。資格は合格しなくてはゼロである。合格発表の当日となれば、合格した者と合格できなかった者しかいない。すべては平等、紛れはない。ゼロから勉強を始めて、合格後には資格取得者として恥ずかしくない実力がつき、その実力に対して公的なお墨付きをもらえるのが資格。落ちたけど勉強になったなんて感想は自己満足に過ぎない。法律によって資格取得者にしか門戸が開かれない独占業務というものも存在する。資格商法で大量にばらまかれているなんちゃって資格(もどき)でない限り、まともな資格を取得することで損をすることはない。お墨付きって意味で言えば国家資格が最強!となる。学会資格・業界資格・民間資格の中にも社会的に評価されている資格はあるが、集金目的のなんちゃっても紛れているので要注意。目指す前に、まずその資格について下調べをすることが大切だ。

資格をとって損をすることはない!

時間は無限ではない

資格を取るには貴重な時間を費やすことになる。資格を目指す際には、その資格にコスト(時間とお金と労力)を掛けて取得する意味のあるものか良く考えてからチャレンジしたい。試験は難しいのに、まったく役に立たない資格は取るだけ無駄。投資は価値のあるもの(これから価値の出るもの)に対して行うべき。10万円くらいの講習を受ければとれる労務管理士なんてものもあるが、管理人はこれまでお金で買える資格で価値のあったものを見た試しがない。

無価値な資格・資格商法に注意

このページをご覧いただいている方は、既に資格取得に対して興味がある方だと思う。誰でも合格、取っても使えない、なんちゃって資格も世の中にはたくさんある。そんなゴミ資格取得のためにお金と時間と労力とを掛けるような愚行は避け、本当に価値のある資格を見極めて、ぜひ合格へ向けた最短の取り組みをしてほしい。誰でもは取れない難関資格も残念なことに存在する。しかし、すべてが一握りの天才しか取れないような資格ではない。やればできる!!という難易度でありながらきちんと価値のある資格も存在する。

このサイトで全力で推奨している「宅地建物取引士」資格については、国土交通大臣のお墨付きのある国家資格であり、勉強した分はきちんとリターンを見込める資格のひとつ。不動産業者には従業員5人に1人の割合で設置義務もあります。取引における重要事項説明など宅建士でないとできない独占業務もあり、この資格を目指さない理由が見つかりません。ほら、今すぐにでも宅建の勉強をしたくなってきましたね?では、一緒に頑張りましょう!!

資格で人生が変わる!!
 


【実話】管理人がロト6で当選した話。

こんばんは、みんみんです。いきなりですが、

皆さんは宝くじとか買われます?

当選確率は天文学的に低いそうです。だからこそ、当たればでかい。ドリームジャンボを直訳すると「でっかい夢」・・・。宝くじなんて、基本的には当たらないものなのに、ひとりで何回も当たっている人もいる(これ、確率の偏りで片づけて済む話なのでしょうか?詳しい人教えてください)。というわけで今回のお話ですが、現代の蟹工船生活から脱出するため無駄に足掻くことをライフワークとしている管理人が、ダメもとで1口だけ定期的に購入しているロト6で一発逆転を夢見るというお話です。(もちろん、当たったら即日プチリタイヤ生活に突入ですよ〜!ストレスと、尿酸値とコレステロール値を気にする生活とはおさらばです!!)

LOTO6(ロトシックス)

ロト6は、1~43の数字の中から異なる6個の数字を選ぶ数字選択式宝くじ。やることは簡単、じぶんで好きな数字を6個選ぶだけというもの。1口の購入金額は200円ですが、当選金額は最高で6億円(キャリーオーバー時)!!200円が6億円に大化けするかもしれないというクジになります。

なぜLOTO6なのか?

これは簡単なお話で、宝くじは色々な種類があれど、ロト6についてはじぶんで6個の数字を選べるのが良いです。そこに戦略を立てられるような気がしません?どの組み合わせを選んでも理論上は一緒としても、「1・2・3・4・5・6」なんて最初の番号からの連番なんてものを普通なら選ばないですよね。そういったあからさまにこないと思われれる数字を外せば、ちょっとは確率があがるんじゃないかと。あと、なんでロト7じゃないの?なんて疑問もあると思います。

LOTO7ってなんだ!?

1~37の数字の中から異なる7個の数字を選ぶ数字選択式宝くじです。ロト6は1口200円ですが、ロト7はもう100円ほどお高く設定されていて1口300円です。ただし、リターンも大きくなっていて当選金額は最高10億円!!当選がない場合は、次回へ当選金額が繰り越されキャリーオーバーが発生します。キャリーオーバーが発生していない時は最高6億円(当選口数が多いと、1口当たりの当選金額は減ります)です。

Wiki解説では「数字の組み合わせは37C7=10,295,472通りで、モトロトBIGの9,834,496通りやジャンボ宝くじの10,000,000通りをも上回り、数字選択式のみならず、日本の宝くじ史上最も難度が高い。」とのこと。

LOTO6とLOTO7どっち?

管理人は、ちょっとでも確率の高いLOTO6が良いですね。でも、当選金額固定じゃないから当選口数がたまたま多い時は当選金額少なくなるし、それも運だと割り切るのであれば、(他の人と)数字が被る可能性が少ないLOTO7も良いかもしれません。ロト6にしてもロト7にしても当選確率がめちゃくちゃ低いですから、そんな低い確率で当たった時に他の人と数字が被っていたらどうしようなんてそれこそ気にしても仕方がないと思います。

ちょっとずつ細く長~く買っていきたいというのであれば1口200円か1口300円かというお話になるので(当選確率の高い方、当選金額の期待値の高い方のどっちをとるかは個人の考え方だとしても)実際のところはロト6とロト7の購入をどちらにするかというのは、実はこの100円の差によって棲み分けされている気がしないでもない。当選金額が億レベルのクジで・・・結局は百円の話・・・それはそれで、、、ちょっと世知辛いと申しますが、寂しいと申しますか・・・。

この画像を見た時は、冷や汗が出ました。

うはっ!!Σ(゚д゚lll)

定期購入で当たるとこんな感じの画像が出てきます。いくら当たったのかは言わぬが花でしょう。

本日は、勉強の合間の気分転換の一例として、宝くじをあげさせていただきました。パチンコは論外として、競馬でも競艇や競輪にしても予想するための時間が結構かかります。そして予想した後は結果が気になるし、レース自体も楽しみたくなります。残念ながらそれは、独学で勉強する身としては時間的コストが掛かりすぎです。

ちょっと楽な道を模索したっていいじゃないですか。どうせ当たらないんだし。当たったら勉強なんてやめてやる!!って思いながら(でも当たらないこともあるから)勉強しておこう、保険よ、保険!!って考えがあったってイイと思うんです。

じぶんにはもう勉強しかない!もし、宅建業法の問題でひとつでも間違えたらビルの屋上から今すぐワイヤレスバンジージャンプをかますって気合があっても良いとは思います。でも、そんなに今から張りつめていたんじゃ宅建試験が実施される10月まではとても気持ちがもちようもありません。

試験勉強をしつつ、LOTO6が当選するのをひそかに待つ。

いつかデカいのが当たるまで当ブログも続きます・・・。