独学で宅建合格!人生大逆転!!

独勉どっとこむへようこそ。

人生大逆転

いざ、旅立ちの時。

「一発逆転」するには武器ががいる。社会人になって、その武器のひとつは資格であると気づく。世間で知名度があって、合格すれば一定以上のニーズが見込める資格。取得にかけたコスト以上にリターンがあり、資格を取るために得た知識が実際の業務に直結する無駄のない資格。格差激しい今の時代、じぶんで考え行動していかなければ回ってくる案件はカスばかり。仕事をこなしながら、貴重な自由時間を費やし、見事合格したならば、これから先の人生は大なり小なり輝いたものに変化していくことでしょう。

資格があなたの人生の糧とならんことを。




資格取得の意義

資格には、試験合格者に対してその力量にお墨付きを与える(ステータス)機能と、実際に資格を目指して学習する中で必要な業務知識を身につけさせる(学習)機能とがある。資格は目指しただけでは意味がない。資格は合格しなくてはゼロである。合格発表の当日となれば、合格した者と合格できなかった者しかいない。すべては平等、紛れはない。ゼロから勉強を始めて、合格後には資格取得者として恥ずかしくない実力がつき、その実力に対して公的なお墨付きをもらえるのが資格。落ちたけど勉強になったなんて感想は自己満足に過ぎない。法律によって資格取得者にしか門戸が開かれない独占業務というものも存在する。資格商法で大量にばらまかれているなんちゃって資格(もどき)でない限り、まともな資格を取得することで損をすることはない。お墨付きって意味で言えば国家資格が最強!となる。学会資格・業界資格・民間資格の中にも社会的に評価されている資格はあるが、集金目的のなんちゃっても紛れているので要注意。目指す前に、まずその資格について下調べをすることが大切だ。

資格をとって損をすることはない!

時間は無限ではない

資格を取るには貴重な時間を費やすことになる。資格を目指す際には、その資格にコスト(時間とお金と労力)を掛けて取得する意味のあるものか良く考えてからチャレンジしたい。試験は難しいのに、まったく役に立たない資格は取るだけ無駄。投資は価値のあるもの(これから価値の出るもの)に対して行うべき。10万円くらいの講習を受ければとれる労務管理士なんてものもあるが、管理人はこれまでお金で買える資格で価値のあったものを見た試しがない。

スポンサードリンク







 

無価値な資格・資格商法に注意

このページをご覧いただいている方は、既に資格取得に対して興味がある方だと思う。誰でも合格、取っても使えない、なんちゃって資格も世の中にはたくさんある。そんなゴミ資格取得のためにお金と時間と労力とを掛けるような愚行は避け、本当に価値のある資格を見極めて、ぜひ合格へ向けた最短の取り組みをしてほしい。誰でもは取れない難関資格も残念なことに存在する。しかし、すべてが一握りの天才しか取れないような資格ではない。やればできる!!という難易度でありながらきちんと価値のある資格も存在する。

このサイトで全力で推奨している「宅地建物取引士」資格については、国土交通大臣のお墨付きのある国家資格であり、勉強した分はきちんとリターンを見込める資格のひとつ。不動産業者には従業員5人に1人の割合で設置義務もあります。取引における重要事項説明など宅建士でないとできない独占業務もあり、この資格を目指さない理由が見つかりません。ほら、今すぐにでも宅建の勉強をしたくなってきましたね?では、一緒に頑張りましょう!!

資格で人生が変わる!!
 


平成29年度宅建試験の合格ライン

こんにちは、みんみんです。

平成29年度宅地建物取引士試験終了。

まずは皆さま、お疲れさまでした。各予備校の合格ライン速報に目を通してみると、32点から36点の間。つまり、無難な合格ライン予想をするなら33点±1ってことをうたっておけば恥をかかずにすみます。とは言え、管理人予想も33点ですけど^^;法令上の制限が少し難易度高いと、案外点数は下方に動きます。民法は難化しても優しくても点数が読みづらいものがあります。あやふやな知識でのまぐれ当たりもあるからね。

宅建業法もそうですが、法令上の制限もあやふやな知識で試験にのぞむと、少し試験問題の難易度があがると討ち死にしますので注意してください。おっと、合格した皆さんには出題傾向なんてもう関係ないですよね。いまは唯々、頑張ってきた日々を、心身ともによく労ってあげてください。




宅建試験答え合わせ

これまで宅建試験の勉強をしてきたのだから、その結果についてもしっかりと見届けなくてはなりません。答え合わせは絶対にしなくてはいけません。また、間違えていた問題はその解答と解説を確認し、理解しておくようにしましょう。まぐれ当たりについても体系立てて理解しておかなくてはなりません。今までの学習を嘘にしないためにも最後まで勉強する姿勢は崩さずにいきましょう。

合格予想点のどれを信じればよいのか?

資格学校とか胡散臭い宅建講師がそれぞれ合格予想点を公表していますが、はっきり言ってどこも信用できません。特に宅建講師なんて上でも下でも目立つ予想をぶっこんで名前を売りたい人もいそう。宅建試験の合格率は15パーセントの年もあれば17パーセントの年もありと、結構な幅があります。1点くらいは合格率のさじ加減であっという間に動きます。

合格発表までまだまだ時間があります。ネットにあがってる合格最低点予想を調べて一喜一憂してもしょうがない。とはいえ、そのやきもき感は頑張って勉強した皆さんにだけ味わう資格があります。一喜一憂、良いじゃないですか!合格発表までじわじわくる焦燥感を楽しみましょう。

そして、未来へ・・・。

頑張った皆様へ向けた4コマを。

点数が伸び悩んだ場合

記憶力が活性化している今がチャンス。
ケアレスミスで間違えたもの、ひっかけ問題に引っ掛かったもの。
まったく歯が立たなかったもの。

正解・不正解の仕分けをして改めて見直してみましょう。
地味ですが、知識の積み上げは将来きっと役立ちます。

でも、まずは休め!

いまからどれだけ勉強したところで試験は1年後。

焦るが負けです。

ダメだったのなら、少し休んでから再起動。休むことも大事。さすがに宅建試験のラストスパートばりに張りつめて過ごすには、1年間は長すぎます。次回はもう少しゆとりあるスケジュールを組んで、まったり系で合格しましょう。




合格しなければゼロ

資格なんて合格しなければゼロと言いました。しかし、勉強方法のノウハウは財産です。うまくいったものばかりでないからこそ、それをフィードバックして焼き直した勉強方法はさらなる価値をもちます。じぶんがどのくらい頑張れるのかを知るのはじぶんだけ。じぶんがどれだけのことをできるのかを知るのも自分だけ。自分を信じるすべがあるならそれは半べそをかきながら気合を入れて自分を律して勉強したその労力の量に他なりません。

 

スポンサードリンク







 

何はともあれお疲れさまでした。

戦士にも時には休息が必要です。。。