独学で宅建合格!人生大逆転!!

独勉どっとこむへようこそ。

人生大逆転

いざ、旅立ちの時。

「一発逆転」するには武器ががいる。社会人になって、その武器のひとつは資格であると気づく。世間で知名度があって、合格すれば一定以上のニーズが見込める資格。取得にかけたコスト以上にリターンがあり、資格を取るために得た知識が実際の業務に直結する無駄のない資格。格差激しい今の時代、じぶんで考え行動していかなければ回ってくる案件はカスばかり。仕事をこなしながら、貴重な自由時間を費やし、見事合格したならば、これから先の人生は大なり小なり輝いたものに変化していくことでしょう。

資格があなたの人生の糧とならんことを。




資格取得の意義

資格には、試験合格者に対してその力量にお墨付きを与える(ステータス)機能と、実際に資格を目指して学習する中で必要な業務知識を身につけさせる(学習)機能とがある。資格は目指しただけでは意味がない。資格は合格しなくてはゼロである。合格発表の当日となれば、合格した者と合格できなかった者しかいない。すべては平等、紛れはない。ゼロから勉強を始めて、合格後には資格取得者として恥ずかしくない実力がつき、その実力に対して公的なお墨付きをもらえるのが資格。落ちたけど勉強になったなんて感想は自己満足に過ぎない。法律によって資格取得者にしか門戸が開かれない独占業務というものも存在する。資格商法で大量にばらまかれているなんちゃって資格(もどき)でない限り、まともな資格を取得することで損をすることはない。お墨付きって意味で言えば国家資格が最強!となる。学会資格・業界資格・民間資格の中にも社会的に評価されている資格はあるが、集金目的のなんちゃっても紛れているので要注意。目指す前に、まずその資格について下調べをすることが大切だ。

資格をとって損をすることはない!

時間は無限ではない

資格を取るには貴重な時間を費やすことになる。資格を目指す際には、その資格にコスト(時間とお金と労力)を掛けて取得する意味のあるものか良く考えてからチャレンジしたい。試験は難しいのに、まったく役に立たない資格は取るだけ無駄。投資は価値のあるもの(これから価値の出るもの)に対して行うべき。10万円くらいの講習を受ければとれる労務管理士なんてものもあるが、管理人はこれまでお金で買える資格で価値のあったものを見た試しがない。

スポンサードリンク







 

無価値な資格・資格商法に注意

このページをご覧いただいている方は、既に資格取得に対して興味がある方だと思う。誰でも合格、取っても使えない、なんちゃって資格も世の中にはたくさんある。そんなゴミ資格取得のためにお金と時間と労力とを掛けるような愚行は避け、本当に価値のある資格を見極めて、ぜひ合格へ向けた最短の取り組みをしてほしい。誰でもは取れない難関資格も残念なことに存在する。しかし、すべてが一握りの天才しか取れないような資格ではない。やればできる!!という難易度でありながらきちんと価値のある資格も存在する。

このサイトで全力で推奨している「宅地建物取引士」資格については、国土交通大臣のお墨付きのある国家資格であり、勉強した分はきちんとリターンを見込める資格のひとつ。不動産業者には従業員5人に1人の割合で設置義務もあります。取引における重要事項説明など宅建士でないとできない独占業務もあり、この資格を目指さない理由が見つかりません。ほら、今すぐにでも宅建の勉強をしたくなってきましたね?では、一緒に頑張りましょう!!

資格で人生が変わる!!
 


ファイナンシャルプランナー3級合格

3級FP技能検定に合格

こんにちは、みんみんです。皆様には大変ご心配おかけいたしましたが、ファイナンシャルプランナー3級試験、無事に合格できました。

というわけで、次は8月のFP2級を狙う予定です。採点したら学科も実技も8割ちょいはとれていて結果だけ見れば、結構まじめにやった感があります。

落ちたのか?とご心配させてしまったかもしれません。記事更新もせずに、何をしていたのかといえば・・・これってものも特になく、毎日「ただ雲のように流されてばかり」でおりました。忙しかったのは忙しかったですけどね。人生、ぽやっとしている時間なんてはないはずなのですが、常に全力投球、毎日が松岡修造的生き方が徹底できていたら、学校を卒業してからいまだに多少なりとも軌道修正をはかるべく無駄に足掻いたりはしていないはず。

ほとんど、ぽやっとして過ごしているのかもしれません。

・・・

あっ、宅建の法定講習も申し込まないと。
(これは重要)

今のところ、知識ベースではFP2級をとってその次の資格までは決めています。そっから上の資格は掛けたコストを回収できないからもう狙わない。あ~、スキーの正指導員資格はとるような気もする。そうするとB級検定員も欲しくなる?こりゃまた無駄に贅沢な趣味の世界です。

それはともかく、ごにょごにょっとお金稼ぎの算段をつけたら人生の楽園よろしく、できるだけ早く雪山で暮らせるシステムを構築したい。まだ高校生くらいの時にスキーにハマっていたなら、最初から地方公務員狙いで人生勝ち組だったのにとも思うけど、都会の魅力がまったくわからない人間からすると、雪のある地方で生活基盤を確保できている人って凄い。つまり目標は晴耕雨読な生活。

最近、三岳をはじめプレミアがついていた焼酎も、案外定価で買えるようになってきました。天使の誘惑とか爆弾ハナタレとか。バブル?が弾けて価値が落ちたのか?といえばそんなことはなく、ですし、価値はなんて所詮は他人様の値付けでしかないってことが良くわかる。つまりは需要と供給の問題。欲しがり屋さんが多ければ手に入りづらくなります値段も上がる。写真の佐藤(黒)は相変わらずの高値のプレミアものだけど。

価値観は自分で決めるものというか、もともとが気づかぬうちに自分に貼りついているようなもの。その物差しで見たときに、価値があると思えばそうだし、ゴミと感じればそれもまた真なりで。

何にしても、勉強はしなくては。阿保がそのまま生きていたらそれはたちが悪いってものです。とはいえ、可能性は無限大なんて若い人だけの特権ですから。無駄な勉強をしている時間もないっと。

3級FP技能検定の勉強方法

時間もない中で勉強するのであれば、テキストを流し読みして問題集に早く取り掛かるのがポイント。出来れば2千円程するテキストは買ってしまいましょう。たかが2千円、されど2千円。これでまず試験に臨む覚悟が決まります。過去問サイトなど利用すれば問題集を買う必要もないのですが、テキストの解説を覚えていくことが知識の補完につながるのと、テキストの余白へ書き込むことがアウトプットを兼ねます。書き込みするって行為は記憶に定着させるためには案外大事だと思います。




スポンサードリンク







 

FP3級をクリアしてみての感想

保険関連については、試験範囲を勉強していてつくづく考えさせられました。例えば、定期保険の保険料は掛け捨てで、満期保険金はない。テキストでは、その分安いって説明はついているけど・・・。ローンのお話、減税のお話、利回りのお話。知識がないまま大きな買い物をさせられるというのはあまりにも不利だと思う。資格を目指すかはともかくクーリングオフについてはちゃんと要件を把握しておいたほうが良いです。宅建士試験の知識でファイナンシャルプランナー技能検定3級の不動産関連の問題は対応できます。おさらいついでに宅建をとったあとFP3級を受けるのはありかもしれません。優先順位としては、不動産に多少なりとも興味関心があるならまずは宅建士をとりましょう。

資格で人生が変わる!!