独学で宅建合格!人生大逆転!!

独勉どっとこむへようこそ。

人生大逆転

いざ、旅立ちの時。

「一発逆転」するには武器ががいる。社会人になって、その武器のひとつは資格であると気づく。世間で知名度があって、合格すれば一定以上のニーズが見込める資格。取得にかけたコスト以上にリターンがあり、資格を取るために得た知識が実際の業務に直結する無駄のない資格。格差激しい今の時代、じぶんで考え行動していかなければ回ってくる案件はカスばかり。仕事をこなしながら、貴重な自由時間を費やし、見事合格したならば、これから先の人生は大なり小なり輝いたものに変化していくことでしょう。

資格があなたの人生の糧とならんことを。

資格取得の意義

資格には、試験合格者に対してその力量にお墨付きを与える(ステータス)機能と、実際に資格を目指して学習する中で必要な業務知識を身につけさせる(学習)機能とがある。資格は目指しただけでは意味がない。資格は合格しなくてはゼロである。合格発表の当日となれば、合格した者と合格できなかった者しかいない。すべては平等、紛れはない。ゼロから勉強を始めて、合格後には資格取得者として恥ずかしくない実力がつき、その実力に対して公的なお墨付きをもらえるのが資格。落ちたけど勉強になったなんて感想は自己満足に過ぎない。法律によって資格取得者にしか門戸が開かれない独占業務というものも存在する。資格商法で大量にばらまかれているなんちゃって資格(もどき)でない限り、まともな資格を取得することで損をすることはない。お墨付きって意味で言えば国家資格が最強!となる。学会資格・業界資格・民間資格の中にも社会的に評価されている資格はあるが、集金目的のなんちゃっても紛れているので要注意。目指す前に、まずその資格について下調べをすることが大切だ。

資格をとって損をすることはない!

時間は無限ではない

資格を取るには貴重な時間を費やすことになる。資格を目指す際には、その資格にコスト(時間とお金と労力)を掛けて取得する意味のあるものか良く考えてからチャレンジしたい。試験は難しいのに、まったく役に立たない資格は取るだけ無駄。投資は価値のあるもの(これから価値の出るもの)に対して行うべき。10万円くらいの講習を受ければとれる労務管理士なんてものもあるが、管理人はこれまでお金で買える資格で価値のあったものを見た試しがない。

無価値な資格・資格商法に注意

このページをご覧いただいている方は、既に資格取得に対して興味がある方だと思う。誰でも合格、取っても使えない、なんちゃって資格も世の中にはたくさんある。そんなゴミ資格取得のためにお金と時間と労力とを掛けるような愚行は避け、本当に価値のある資格を見極めて、ぜひ合格へ向けた最短の取り組みをしてほしい。誰でもは取れない難関資格も残念なことに存在する。しかし、すべてが一握りの天才しか取れないような資格ではない。やればできる!!という難易度でありながらきちんと価値のある資格も存在する。

このサイトで全力で推奨している「宅地建物取引士」資格については、国土交通大臣のお墨付きのある国家資格であり、勉強した分はきちんとリターンを見込める資格のひとつ。不動産業者には従業員5人に1人の割合で設置義務もあります。取引における重要事項説明など宅建士でないとできない独占業務もあり、この資格を目指さない理由が見つかりません。ほら、今すぐにでも宅建の勉強をしたくなってきましたね?では、一緒に頑張りましょう!!

資格で人生が変わる!!
 


やる気をださなきゃはじまらない。

こんばんは、みんみんです。すっかりブログの更新も止まっておりました。ブログの更新はおろか、次の試験勉強についてもテキストを用意したところで停滞・・・。勉強すると決めたのは自分自身。言い訳せず、無駄なく効率よい勉強をしていかないと。

にんげん、向上心を失ったらおしまいですね。
(反省です)

 

そうは言っても、なんでも思い通りにいかないのが独学。予定通り動けないのはよくあるお話。仕事に出ている日は、帰ったら0時を回っていることも多いですし、電車の中でテキスト回す気力がまだ湧きあがらないという感じ。毎日ただ、雲のように流されてばかり。

意味なく爽やかな写真は、関越道の上り方面の渋川市の街並みが見えてくるところ。管理人の大のお気に入りです。ちょっと地中海チックな風景にも見えませんか?(行ったことはありませんが)

 

管理人の次の目標はFP2級試験。

FP2級の試験は、9月・1月・5月の年3回。

もう3月・・・。

いまから5月の試験には試験範囲を回すのも到底間に合いません。現実路線をとるなら、9月の試験ををターゲットにチビチビやっていくほかない。

 

まっしろなテキスト・・・。
FP2級試験に向けて、勉強を開始します!

 

さて、当ブログのメインである宅建士試験の情報を出していかないと、存在意義が揺らぎます。小噺はちょっとあるから楽しいのであって、そればっかりではどうしようもありません。というわけで、宅建士試験のお話。

 

平成31年度の宅建士試験について

宅建士試験を受けようと考えている方は、不動産適正取引推進機構のホームページは要チェックです。ちなみに平成31年度試験日程等の情報は予定ですが、すでに公開されています。

平成31年度 宅地建物取引士試験

インターネット申込み(予定)
平成31年7月1日(月)9時30分から7月16日(火)21時59分まで

この過疎ブログをご覧いただいている皆さんは、インターネット申し込みが楽です。忘れないようにしましょう。試験会場が複数ある都道府県の場合は、申込み時に試験会場を選択することができますのでお近くの会場を選ぶと移動の負担も少ないです。ただし先着順なので、注意が必要です。もしもインターネット申し込みをうっかり忘れてしまっても7月いっぱいであればまだ郵送で申し込めます。

受験手数料: 7,000円

試験日時(予定)
平成31年10月20日(日)13時から15時まで(2時間)

※ただし、登録講習修了者は、13時10分から15時まで(1時間50分)。

登録講習終了者とは、不動産業(宅建業)に従事している人が受講できる宅建法定講習です。講習を修了すると宅建士試験の一部(5問)が免除されます。これはかなりおいしい。かなりのアドバンテージです。基本的には、地価の動向とか白書、一般的な知識なので独学でもきちんと勉強しておけばその内容を外すことはありません。とはいえ、ケアレスミスが命取りの宅建試験。少なくとも免除問題でうっかりやらかすことだけは避けたいものです。

平成31年度の宅建士試験は10月20日(日)とゴールが決まれば、あとはそこまでのマイルストーンをどうしていくか。いまから始動すればかなり余裕のあるスケジュールを組むことができます。まずは基本書を一回読んで、試験の範囲とどのような知識が求められているのかのアウトラインを掴んでしまいましょう。ここのタイミングでは完全・完璧にテキストのすべてを暗記しようなどと思わなくてよいです。いきなり過去問を解いてみても「何について問われているかがわからない」となりかねないので、まずは基本書を1度通読する(宅建士試験がはじめての方に管理人のおすすめはらくらく宅建塾です)。その後は過去問を解いて、問題について慣れることが大切です。問題を解いて〇×をつけて終わりではなく、解説が重要。解説に書いてあることをしっかり理解・知識を補完していくことが宅建士試験の必勝法になってきます。

まずは、モチベーションを高めて試験に向けての準備を開始!宅建士試験の情報は継続してお送りさせていただきます。