スポンサーリンク

【人生100年時代】老後の生活資金が2000万円不足する

時事問題
スポンサーリンク

こんばんは、みんみんです。いきなりですが、麻生太郎副総理兼金融担当相が「キミたち、2000万円くらいためておかないと老後は暮らしていけないよ?」と思ったままの正直な感想を述べてしまって、世間は大変な騒ぎになってます。預金通帳に 2000 万円なんて数字が貯まったことない管理人ですから、これはもう「氏ね」って言われているのでしょうか?別の(自称)専門家からは、もっと必要な金額は高くなるはずといった話も聞かれます。でも、貯まったことがない2000万円が不足すると言われても単に恐いだけです。いったい、老後の生活資金が2000万円ってどういうことなのか調べてみたいと思います。

2000万円必要と言い出したのは金融庁金融審議会の試算

この話の発端ですが、金融庁金融審議会の試算で出されたものだそうです。老後の生活資金として恒例の無職夫婦世帯(夫65歳以上、妻60歳以上)をモデルにしています。

実収入月 209,198円
実支出月 263,718円
赤字額月  54,520円

54,520円×12か月=654,240円(年額)

654,240円×30年=19,627,200円(合計)

これ、年金支給が209,198円で生活費が毎月5万5千円不足するという試算なので、意地でも生活費がショートしないようにあるだけの範囲で生きていけば(理論上)毎月5万円超の赤字といった悲惨な状況にはならないと思います。もし管理人に、いますぐ毎月 209,198円 支給してくれるのであれば、山にこもって年金だけで普通に食いつないでいけると思います。というか、実収入ですから税引き後の金額です。もらえない貰えないって騒ぎになっている年金って(いまのところは)案外もらえてるんだなぁ~というのが正直な感想です。この話も勝ち組・負け組って議論になってしまうのでややこしい。

65歳で定年して95歳まで生きる(らしい)

30年間、年金だけもらって食いつないでいこうとしても無理があるって、もう薄々バレてますよね。人生の約1/3が65歳以降にあたるわけですし。デンマークのような福祉国家を目指すなら今より税金をもっと上げないとダメなのもわかります。福祉国家を目指すのもそれはそれでありかもしれません。しかし、社会保険庁職員の年金掛け金の着服なんて事件が散々ありましたが、ああいったものを見てしまうと取られた税金がまともに運用されるなんて到底思えません。グリーンピアみたいに談合と裏金まみれで無駄な建物を建て、サービス悪くて閑古鳥。最後は外資に二束三文で買いたたかれる・・と。グローバルな社会環境、出るか出ないかもわからない年金、外国人の移民、どこかで来るであろう異次元金融緩和のツケ。あれこれ考えたらいきなり焦ってきました。仮に、生活費として年に300万円使うとして、年金が支給されなければ総額で9000万円は抱いてないと30年生き残れずに資金ショートするってことです。無職で担保となる物件ももっていなければどこもお金を貸してはくれないでしょうし、まったく明るい要素が見あたりません。今だって税金が高すぎて、貯蓄なんてまともにできないのに。良く家計の見直しって食費から手を付ける人がいますけど、所得の中で思いもよらず大きく抜かれているのは税金と社会保険です。住民税の金額を考えると(寝るだけに家に帰る社畜サラリーマンからすれば)銀座の高級クラブ以上の暴利!!池袋のぼったくり居酒屋がかわいく思えるレベル。新しく市民センターや図書館が建つのを見ると高い税金とっているんだからインフラ整備は当たり前という思いと、無駄な箱もの建てるなら税金安くしろよなぁ・・・と脱力してしまう複雑な心境です。さすがに年金受給している人間に高額な住民税をかけてくるとは思いませんが、前年の収入に対して金額を算出してくるので定年した翌年は要注意です。

仕事をリタイヤした後、死ぬまでにだいたい30年くらいはかかる。65歳から95歳まではできるだけお金を使わないように食いつないでいく。30年間、何とか食いつなぐためのシミュレーションが必要。・・・社畜サラリーマンは、いったい何のために生きているのでしょう。どんどん、気が滅入ってきました。

隠居はできなさそうな世の中です

「将来は、越後のちりめん問屋の隠居になりたいです」小学生の頃、作文で高らかに宣言していたのが懐かしい。隠居するなんて夢のまた夢・・・。死ぬまで働くか、年金支給年齢の少し前にぽっくり逝くのが良い市民のあり方だろうなと。赤字財政が続いていますが、社会保障制度は破たんする以外の想像ができません。年金の支払いが始まった二十歳の人が45年後にちゃんと暮らしていけるだけの年金をもらえると思います?

老後を食いつなぐための作戦会議

どうやって食いつないでいけるか考えてみました。箇条書きで一気に書き綴ってみます。とうぜんですが、法律に違反することは敢えて外してあります。他にも良いアイディアがあれば、コメント欄に残していってください。

  • 資産運用
  • 起業
  • 就職・バイト
  • ヤフオク・メルカリ
  • なまぽ
  • 自給自足
  • 狩猟・採集
  • 断食
  • Airbnb(アウト?)
  • 海外移住

老後に必要な金額を2000万円から1000万円に減らす方法

2000万円を1000万円に融かすのなら簡単ですよね。 くれぐれもすでに2000万円を持っているのに、増やさないと不安だからとFXなどに手を出してはいけません。あっというまに種銭が半分以下に消し飛ぶことでしょう。 素人が手を出せば追証・追証できゅうきゅうになって当然。専門家でも運が悪ければ転落路線まっ逆さま。普通の人がどれだけ東京湾の潮の満ち引きを研究したって、世界規模の海流の動きにまで想像が及ぶものではありません。予想がつくものかすらわかりません。いま普通にテレビCMで流れてますけど、あれ良いんですかね?これが公営ギャンブルだったらレースが外れても掛けた金額がとられるだけで終わるじゃないですか。でも、FXは証拠金取引だから預けていたお金で決済できなければ借金が発生します。アイドル崩れの女の子が楽しそうな(または仕事のできる女っぽく)イメージをたれ流せば、手を出す人も増えますよ。もし、FXにチャレンジするのであれば、最初は低レバレッジでやることをぜったいに守ってください。

さて、ギャンブル頼みではなく、老後の生活に必要とされる金額を減らすことはできるのでしょうか?( おっと、すでに気づいた方がいるようなので早速ネタばらし)

「お金を増やす」とは申しておりません。必要額を減らすと言っています。つまり節約です。方法としては、支出超過を半分に抑えるのが一つ。他に、ウルトラCですが、残りの人生を半分にする時間の節約。ちなみにこちらは「どうやって?」なんて聞いてはいけません。あっ、そうそう!年金の額を倍に増やすとか、物価を今の半分にするという名案も急に思いつきました。

FPがなんとなく敬遠されがちな件

死ぬまでのコストを試算して、必要な資金を割り出すという究極の後ろ向き感。あなたの生活費から計算するとあと30年生きるとしていくらかかりますよって。←この時点ですでにいっぱいいっぱい。明るい話題が一つもないって素敵。

保険料の見直しをした方が良いカモ

管理人は生命保険料の更新の時期に、保険担当と会うのが面倒でそのまま更新するという荒業にでました。前回の更新の際に来たお姉さんが、何ともこちらの要望にはミスマッチなものを提示してきた挙句、最後にドヤ顔で「弊社が自信をもってお勧めできる保険でございます!」の決め台詞を都度、乱発するものだからいい加減嫌になってしまったのです。ちなみにこのお姉さんの提案してくれたプランですが、支払い月額は確かに軽くなりましたが、払込終了の年齢がすごいことになってました。あの二カッとしたマインドコントロールでもされたかのような営業スタイル(スマイル?)はヤヴァかった・・・。管理人も3級とはいえFPのハズですから、まずはじぶんでこういった保険に切り替えたらこのくらいの減額になって、それをどんな貯蓄や運用にまわして・・・とシミュレーションしてみたいと思います。近日、生命保険の内容を再確認してネタにしてみたいと思います。

再生不動産賃貸という魅力

借金背負って新築の賃貸物件オーナーになるのはハイリスクすぎますが、ボロ家をリノベーションして賃貸物件として魅力を復活できれば、儲かるかもしれません。投資としては利回りが良くなると思われます。この目利きはかなり難しそうですが夢があります。(物件選び・リフォーム業者選び・管理会社選び・色々大変なんでしょうけど、自分の目の届く範囲で回すので面白そうです)

いくら必要ってだけじゃあまりモチベーションがあがりませんが、面白そうって感情はなんとも前向きな気持ちにさせられます。というわけで、最後はやっぱり宅建推しにつなげて終わります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました