スポンサーリンク

polca(ポルカ)サービス提供終了のお知らせ

みんみん無駄話
寄付を募る
スポンサーリンク

こんばんは、みんみんです。今日の話題はクラウドファンディングです。なんだそりゃ?宅建にもFPにも関係ないじゃん・・・と脱力されるかもしれませんが、お暇つぶしに少々お付き合いください。

クラウドファンディングは、多くの出資者を広く募って資金を集めるという仕組み・サービス(正確には色々なタイプがあります)です。やぎぶろで有名な八木仁平さんが、ベトナム行きの飛行機に乗り遅れて往復の航空券をパーにした際に、300円の出資を広く募ったところ、チケット代以上の出資を得て「笑顔で帰国」したとのこと。 この笑顔で帰国しますというのが支援のお返しなので、全体的にギャグなのか?とも思えますが、ネタを提供しておひねりとして300円ほど弾んでもらった~みたいな。

polca(ポルカ)でガチな支援をお願いしてみた。

管理人のお仲間で、追突事故で欠勤が続き失職してしまった人がいます。ドライブレコーダーの映像なども見せてもらったけど、追突してきた車はドライバー(大学生の男の子)がスマホでも弄ってたでしょう?まったくブレーキ踏むでもなく、停止中の車に後ろからドコンっと当たってます。トンネルの中だったからそれほどスピードは出していないのが不幸中の幸い。それでもお仲間はムチ打ちで朝は動けず、逆算して5時に一度起きて部屋を這って歩いて薬を飲んで馴染むまで身体を起こして薬が効いてくるまで2時間待ち、それから仕事に出たりもしていたそうです。状態が悪い日は、職場に休みの連絡を入れるそうですが、転職して間もなく使用期間だったこともあって失職してしまいました。今は、体調を見ながら働いていますが収入は正規職員の時と比べれば半分以下。事故の前には身寄りのない親戚の葬式を出してやったり、散財が続いていたこともあってかなり厳しい状況。まだ身体は完治せず痛みに苦しんでいるのに保険会社はそろそろ通院は終了で良いですか?という嫌らしいプレッシャーをかけてきたり、と(もし自分が事故にあった時に相手方の保険が)三井住友海上だったら気をつけようと思わせるに十分な話がてんこ盛りです。

周囲から資金的な支援や日常生活に対するサポートなどが多少あったとしても、収入が半分以下になって家賃補助も出ないようなレベルで体調も戻っていないって、本人にはどうにも対処のしようがない状況。手伝ってきた面々だって手伝える資金が枯渇してきました。許せないのはぶつけた後は保険会社に丸投げで放置の加害者(警察への届けに厳罰を望まないと書かせるところまではそれなりに連絡があったとのこと)と、相手方の保険会社。過失割合0というのは認めていても、怪我の症状を認めず書類ばかり追加で書かせるってやっぱり悪徳ですよ。そんな時に有名ブロガーの八木仁平さんがネタ的に美味しい飛行機乗り遅れをやらかし、polca(ポルカ)で資金集めに成功するという話題作りとしてはうまい流れを作り、さらにそれが炎上するという満点の展開となった話を知ってダメもとでも思いついたのがきっかけです。怪我している本人了解のもとpolca(ポルカ)で支援者を募ってみたいと思います。

polca(ポルカ)で怪我している友人の支援を募集しております。

たまたま管理人のtwitter趣味アカが(まわりの面々より)フォロワー数があったから「お前がやれ!」っとなった次第です。(趣味アカなので拡散は厳しいと思います)

管理人のブログで記事にしているからネタに見えてしまうかもしれませんが、事故で経済的にも身体的にも苦しんでいるお仲間は大変苦労しております。支援のお礼ですが、本人からのお礼の手紙と事故から保険会社との酷すぎるやりとりなどをレポートにまとめたものを公開します。ご協力よろしくお願い致します。

Polca(ポルカ)は2020年10月1日で終了のようです。

やっとこ支援募集をかけた数日後に、終了のお知らせが出るってどうなってるの?って感じですが、polca(ポルカ)は10月1日でサービス終了とのこと。それまでは今まで通り使えますが、終了するサービスがこれ以上伸びるわけもなく、残念です。iPhoneのアプリをDLしましたが、良くできていました。終了の理由は他のサービスとの差別化がはかれなくなったとのこと。支援企画は有効ですので、ひと口千円とちょっとお高いんですが、ぜひ見るだけは見てやってください。

VALU(バリュー)は2020年3月でサービス終了とのこと。

仮想通貨を使って「個人の価値」を売買するVALUがこの3月でサービス終了するそうです。YouTubeのヒカルさんなどの売り逃げ問題で有名になりましたが、もう終わっちゃうの???コメントにインフルエンサー専用のATMみたいなものってありましたが、本当にそんな感じでしたね。

ネットサービスは盛者必衰です。

実態を持たないサービスはやはり危ういですね。確かに、欲しがる人が多ければ価格が上がるという市場原理は働くのだろうけど、そんなものは価格が上がると思っているから購入するのであって、そのものの価値を認めて投資するわけではないですし。簡単にお金を集められるサービスって怪しいです。でも、投げ銭とかすでに根づいていますし、少額だったら文化としても定着する可能性はあります。

散々、脱線しましたがじぶんが加入する損害保険会社はネットでその評判を見てからにしましょう。今回の、事故相手の保険会社である三井住友海上保険と損保ジャパン日本興亜はネットの評判がめっちゃ悪いです。ネットに披露されている話を全部鵜呑みにはできないにしても、その件数が半端ないこと。内容のリアルさを含め、真実のモノも多数存在すると予想。そのうち、お上の手入れが入ると思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました