スポンサーリンク
試験対策

2019年度宅建士試験の合格点を考える

2019年度の宅建士試験の合格点について考えてみると、簡単な問題はあっさり解けるも、意識の外から刈り取られるような難しい問題もちらほらと。試験が終わった後に感じた感想ほど得点できていなかった人も多いのではないでしょうか?

なんちゃってFP

2級ファイナンシャル・プランニング技能検定 一部合格だった話

2級ファイナンシャル・プランニング技能検定の結果が一部合格だったお話。一部合格は真の合格ではなく、学科と実技の両方が揃わないと合格証はもらえない。でも、一部合格の有効期限であれば、落とした科目だけ受けて合格すれば良いです。
試験対策

絶対に出る!建築面積を求める問題

建築面積とは何?という非常に基本的な言葉遊びがテストの引っ掛けになっている例を出して考えてみる。宅建士試験では、専門用語はきちんとその内容を理解して問題に向き合うようにしましょう。

試験対策

【2019宅建試験】統計問題はさらりと読んで1問ゲット

2019年度宅建士試験の統計問題を直前予想。暗記して着実に1点。地価は上昇基調で、不動産業界も活況。全用途平均・住宅地が平成4年以来27年ぶりに上昇に転じたのはインパクトあり。統計問題は覚えれば得点できるので、試験前にかならずまとめに目を通しておきましょう。ネットでもこのブログにでも、宅建関連サイトを見ればどこにでも転がってます。

試験対策

宅建試験でわからない問題への最後の手段

宅建士試験でわからない問題が出たときの対処法について考える。わからない問題は基本的には消去法で対応するべし。それでも絞り込めない時は、言い切っているものが怪しい。そのほか、細かすぎる内容を書いているものもその部分が間違っているとは思わない方がよい。

なんちゃってFP

3日の勉強でFP2級に合格するのは無理ゲーだったという話。

3日の勉強でFP2級に合格するのは無理ゲーだったという話。そして復活のために、FP2級の攻略方法についての検討を行う。

なんちゃってFP

2級FP技能検定試験に申し込んでみた

FP技能試験には2つの指定機関があるが、きんざいとFP協会のどちらもで合格しても同じである。ただし、実技試験が異なる。合格率はFP協会の方が高いので、きんざいで受けて合格しなくてはならないなどのこだわりやしがらみがなければ、FP協会をおすすめする。
みんみん無駄話

シマンテックストアの請求がカードから自動で引き落とされた話

ノートンは自動継続で、カード引き落としされてしまうという罠。チャットサポートにて連絡をとり無事に返金依頼をした話。対応は早く、請求から60日以内に問い合わせれば返金してくれます。カードの引き落とし明細はちゃんと確認しないと危ないなぁと改めて考えさせられました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました