試験対策

宅建試験の出題範囲とその対策に関する話題。

スポンサーリンク
試験対策

2020年度宅建試験(民法改正による影響)

2020年度の宅建試験では改正された民法からの出題が合格の鍵を握る。リベンジ組は必ず最新版のテキストを準備しましょう。古い知識のまま、繰り返し覚えてしまう愚は避けたい。必ず知識を刷新して宅建士試験に臨むようにしてください。
試験対策

試験や検定で緊張した時におすすめしたいリラックス方法

緊張感とどのようにして向き合うかは、年に1度しかない試験をうけるにあたって重要なことと言える。謙虚さは大事だが、少々の図々しさも必要で、とにかくお腹は膨らませてこそ交感神経が緩むというもの。交感神経を緩めてストレスから解放されよう。
試験対策

2019年度宅建士試験の合格点を考える

2019年度の宅建士試験の合格点について考えてみると、簡単な問題はあっさり解けるも、意識の外から刈り取られるような難しい問題もちらほらと。試験が終わった後に感じた感想ほど得点できていなかった人も多いのではないでしょうか?

試験対策

絶対に出る!建築面積を求める問題

建築面積とは何?という非常に基本的な言葉遊びがテストの引っ掛けになっている例を出して考えてみる。宅建士試験では、専門用語はきちんとその内容を理解して問題に向き合うようにしましょう。

試験対策

【2019宅建試験】統計問題はさらりと読んで1問ゲット

2019年度宅建士試験の統計問題を直前予想。暗記して着実に1点。地価は上昇基調で、不動産業界も活況。全用途平均・住宅地が平成4年以来27年ぶりに上昇に転じたのはインパクトあり。統計問題は覚えれば得点できるので、試験前にかならずまとめに目を通しておきましょう。ネットでもこのブログにでも、宅建関連サイトを見ればどこにでも転がってます。

試験対策

宅建試験でわからない問題への最後の手段

宅建士試験でわからない問題が出たときの対処法について考える。わからない問題は基本的には消去法で対応するべし。それでも絞り込めない時は、言い切っているものが怪しい。そのほか、細かすぎる内容を書いているものもその部分が間違っているとは思わない方がよい。

試験対策

耐火構造「等」とすべき木造建築物の見直し

2019年度の宅建士試験で出題されると予想される問題について考える。耐火構造「等」とすべき木造建築物の見直しには気をつけましょう。
試験対策

自筆証書遺言の緩和措置

自筆証書遺言の緩和措置について理解する。「財産目録」をパソコンで作成しても良くなったこと。自筆証書遺言を法務局に預けられる制度ができることが大きなポイントとなる。宅建士試験で出題が狙われると思われるので要チェック。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました