スポンサーリンク

2級ファイナンシャル・プランニング技能検定(資産設計提案業務)インターネット受検申請は今月まで

時事問題
スポンサーリンク

こんばんは、みんみんです。ファイナンシャル・プランニング(2級FP)試験の申し込み締め切りが近づいてまいりました。じぶんも、何も手を付けないまま7月に突入するとは思わなんだ・・・。受検の申し込みは、インターネットでできます。9月試験が目標だった方は、申し込み締め切り前に手続きをお願いします。

2級ファイナンシャル・プランニング技能検定

(1)試験日 : 2020年9月13日(日)実施

(2)申請締切:2020年7月6日(月) 10:00 ~7月28日(火) 17:30 

クレジットカード支払またはコンビニ支払が選択できます。クレジットカード支払では、「VISA、MasterCard」のカードが利用できるとのこと。残念ながら、管理人の使っている楽天カードはJCBです。

再受検者に優しい。FP協会のWebページは親切設計。

FP協会のWebページでは、自分の状況を検索できるようになっています。(FP協会で受検した場合)

照会結果【技能検定(日本FP協会)】
試験 (一部)合格番号 状況
2級・実技(資産設計提案業務) G************* 一部合格 (有効期限: 2022年 3月 31日)
3級・実技(資産設計提案業務) F************* 完全合格

マスクの持参及び試験会場内でのマスクの着用厳守

新型コロナウイルス感染症対策で、マスク着用が必須となっています。今回は、マスク着用・会場の換気等の影響による熱中症等の予防を目的にペットボトル飲料(炭酸飲料不可・中身の見えるもの)の持ち込みが認められました。あたまがテンパっている時は、糖分をいれるとしゃきっとしますから、これはちょっとありがたい。ただし、炭酸飲料は不可なので気をつけましょう。

今回は、新型コロナウイルス感染症の状況の変化によっては、試験中止の可能性もありとうたわれてます。勉強して試験が中止じゃ泣くに泣けないですが・・・勉強を先延ばしにしているだけではまったく進まないので、試験に申し込みをして退路を断ったところで勉強することにします。

 

2020年度 宅建士試験のインターネット申し込みの締め切りは7/15(水)午後9時59分まで

ついでのようになってしまいましたが、2020年度の宅建士試験の締め切りも近づいています。受験される方は申し込み締め切りにはご注意ください。試験日は、令和2年10月18日(日)午後1時~午後3時(2時間)・・・ですが、新型コロナの影響で、会場として押さえていた大学・高校などが使えなくなり、試験会場の不足が予想されているとのこと。その場合、後日指定した試験会場で受験することになる「場合がある」とRETIO(不動産適正取引推進機構)のWebページで告知があります。今回の試験は、かなりこの手のお知らせが出てきそうです。機構のページはマメにチェックするようにしましょう。(当ブログでも何かあれば掲載していきたいと思います)

追加試験に回された場合は、12月27日(日)を予定しているとのこと。後番になった人には8月末までに通知が出るようですが、10月試験と12月試験で、問題が異なると思いますし、当然合格点も異なることでしょう。1点に笑い1点に泣く宅建試験。どちらが有利とはこの段階では言えないにしても、できるだけ受けた人が納得できるような公平な状態は担保して欲しいと思います。12月に回された人はそれだけ勉強も追い込めるけど、仕事とかしていると12月って忙しいですよね。それで結果はすぐに出てこない。この合否のジリジリ感を抱えて年を越すのってちょっと嫌だなぁ。

マンション管理士とか管理業務主任者試験など、他の試験を掛け持ちしている人もいるはずなので、試験予定が崩れるのは気の毒に思います。12月に回される場合は、都道府県単位になるそうです。試験問題は異なるのに合格ラインは実質的に同レベルになるように設定するって、これは試験主催元の言い分ですよね。どっちの問題がじぶんに向いたとかって個人差も出るはずなので有利・不利は一概には言えないけれど、問題の難易度にちょっとは差が出ると考えるのが普通でしょう。

12月の試験に回されて日程が合わずに受けられないという場合は受検手数料は返還とのことです。試験会場で座席の間隔を十分に確保できないことも予想されているので、早期の宅地建物取引士の資格取得を迫られていない方につきましては、なるべく今年度の受験申込みを控えていただきますよう、ご協力をお願いします。というお願いも出されています。

今回の宅建試験は受けるべきか?

新型コロナ騒ぎの頃ではなかったですが、会場は大学でそこそこ広い教室でした。なので、それほど過敏にならなくても良いのではないかと。夜の街で大声出してお酒を飲みながら試験するわけでもないんだし。ただし、直撃したらクリティカルヒットというご年長の方は無理せず、健康第一で。あと、試験当日に体調が悪い人は無理して会場にいかないこと・・・って、何ともだましだまし試験に行きそうですね。朝起きてちょっと怠いなと思っても、新型コロナ確定でもなければ宅建士試験は受けに行きたいというのが人情ってものですし、無症状の人はどうしても紛れます。FP試験も一緒だけど。スーパーで買い物したってきっと無症状のひとはいるでしょうし。試験会場だけの話ではないです。

どうしても家から外へ出ればリスクがあります。家の中だってひとり暮らしでもなければ誰かしらがお外からひっぱってくることもあるでしょう。気にしても仕方がないとは言えません。外へ出ないでひとり静かに1日過ごせばその分のリスクは下げられます。申し込みするのも・当日試験会場へ行くのも自己責任。リスクを織り込んでそれでも受けるという方は、ぜひ実力を発揮して良い結果を引き寄せてください。管理人も頑張ります!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました