こんにちは、みんみんです。

今日は、平成30年度の宅地建物取引士試験でした。まずは今日まで試験に向けた勉強、お疲れさまでした。宅建士試験お初の方もリベンジ組の方も、良い結果が出るようお祈りしております。とりあえず、集中力が消耗していると思いますから、事故には気を付けてお帰りください。遠足は家に帰るまで。試験は家で自己採点を済ませるまで。と、むかしの人は良いこと言った!!帰ってひと休みした後は、やることがまだ残っています。

自己採点

今日の18時には各資格学校から解答速報が出てくると思います。この段階の速報は、本当に速報といった感じで、某大手資格予備校においても数問、後から解答が変更されたりもします。とりあえず、やることとしては18時の解答速報で自己採点をし、お風呂に入って飯を食う。寝る前に解答速報に訂正がないかチェックしてみる。そこまで待てないという人は、複数の予備校の解答速報に目を通しておけばよいでしょう。どこも同じくらいの時間帯から解答速報がアップされてます。

合格最低点を考える

宅建士の合格最低点は、例年かなり幅があります。とはいえ、36点で足りなかったことはないので、36点取れた方はほぼ間違いがないかと。あとはマークミスがないことを祈るのみ。33点~35点の人たちが激アツなところ。各資格学校および名物講師から出される合格点予想に一喜一憂することになります。宅建士試験の場合、上位15%あたりを目安にして合格最低点が決まるので、そもそも1点の違いなんて簡単に紛れが起こるというか、水ものであるのです。。。また合格最低点のお話については記事を用意したいと思います。まずはゆっくりと休んで疲れを癒してください。